日本薬物対策協会
日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薬物は子ども達にこんなに身近! 社会福祉士や薬物教育専門家が警鐘
―薬物は子ども達にこんなに身近!
社会福祉士や薬物教育専門家が警鐘―
国連・薬物乱用防止デーにちなみイベント開催

日本薬物対策協会は国連が毎年6月26日に定めた「薬物乱用防止デー」にちなみ、青少年健全育成関係者や保護者、議員の方々などを対象に新宿にてイベントを開催しました。(主催:日本薬物対策協会、協力:特定非営利活動法人イマジン)

Nao.jpg
開催のご挨拶をする代表の馬崎

最初に日本薬物対策協会の講師より、インターネットの普及により薬物についての嘘を含め色々な情報が氾濫していることが伝えられ、同協会の米国本部「Foundation for a Drug-Free World」によって制作された教育用の公共サービス広告が上映されました。

Keita.jpg
活動について紹介する協会講師の樋田啓太。うちの大人気講師です。

続いての第二部では、音楽ユニットHADOWによってオリジナルの反薬物ソング「YES生きる」が演奏され、観客も一体となって合唱。

HADOW.jpg
協会オリジナルソング「YES生きる」を熱唱する音楽ユニットHADOW。作詞作曲ともにHADOWの高谷秀司氏、小川紗綾佳氏によるもの。素敵な曲です。

その後第三部のパネルディスカッションでは、特定非営利活動法人イマジンの理事であり青少年健全育成に取り組む寺前秀一氏や、大阪で35年間定時制高校で生活指導をしていた元教師、また薬物に手を染めた若者たちの社会復帰に携わっていた社会福祉士が登壇しました。元教師からは、特に昨今まん延している「危険ドラッグ」を含めて薬物がいかに現役の高校生にとって身近であったか、衝撃的な内容が語られ、参加者からは驚きの声が多数上がっていました。

panel discussion2
パネルディスカッションの様子。参加者は衝撃の内容に釘づけでした。

また最後は、薬物問題やその解決策についての情報パネルツアーが開催され、参加者は興味深くパネルや映像を見ていました。

Panel tour
パネルツアーの様子。映像やパネルが紹介されました。

参加者からは「現実に薬物乱用が加速してしまっているのを聞き、驚かされました」「日本の学校はまだまだ大丈夫だと思っていたのですが、現場の方の声を聞いてそうではないと分かりました」「学校等での啓発活動をもっと広げていくべきだと思いました」などという感想が述べられました。

【日本薬物対策協会について】
日本薬物対策協会は、米国ロサンゼルスに本部を置く薬物のない世界のための財団の日本支部であり、2008年より首都圏を中心に学校や地域にて薬物乱用防止講演を提供し、これまで8万人以上の生徒や保護者、教育者などへ薬物の真実に関する情報をもたらしてきました。皆様には、今後の当協会の活動についても引き続きご注目いただけますと幸いです。

講演や活動についてのお問合せ先:
日本薬物対策協会 
TEL:03-5937-1236
FAX:03-4496-4142
E-mail:info@drugfreeworld.jp 
ブログ http://www.fdfw.blog.fc2.com
※お問合せはなるべくFAXまたはEメールにてお願いします。

6月26日国連薬物乱用防止デーイベント開催!
先月末、覚せい剤取締法違反により清原和博被告に懲役2年6カ月(執行猶予4年)の判決が言い渡され、今月15日には、清原被告に覚せい剤を譲渡した40代男性に、検察側から懲役3年が求刑されました。小林被告によると、清原被告に家族や金銭的な悩みを打ち明けられ覚せい剤を渡してしまったとのことですが、薬物に手を出してしまうきっかけは様々ではあっても、抱えている問題から逃げたり一時的に忘れたりするために薬物を繰り返し使ってしまうというのは、薬物乱用者に共通する理由です。

このような中、日本薬物対策協会は6月26日の国連が定めた薬物乱用防止デーにちなみ、青少年を取り巻く薬物問題を提起し、その解決策としての教育・啓発方法を提案するため、イベントを開催します。

当協会の2015年の調査によると、中学生の4割以上が危険ドラッグを入手可能と答え、7%がインターネットで危険ドラッグの売買情報を見たことがあると回答しています。(2015年秋冬首都圏 2,471人中学生対象 日本薬物対策協会による薬物意識調査)

薬物は一度手を染めると、そこから抜け出すのは大変な困難です。青少年が安易に薬物に手を染めて人生を台無しにしてしまう前に、正しい知識を伝え、薬物に一生手を出さないように自己決断をもたらす教育・啓発が、学校教育だけでなく、家庭や地域でも求められています。

このイベントでは、薬物に手を出してしまった子ども達の社会復帰活動に関わってきた社会福祉士、40年近く教育現場で高校生の生活指導等に携わってきた薬物教育専門家や、青少年健全育成に取り組む教育分野の専門家をお迎えし、今迫っている薬物問題とその解決策について提案します。

日頃から青少年健全育成問題に取り組んでいらっしゃる世田谷区議会議員の皆様に、ぜひご参加いただければ幸いでございます。何卒宜しくお願い申し上げます。

6・26国連 薬物乱用防止デー イベント

日 時 :平成28年6月26日(日) 午後2:00-午後5:00頃
場 所 : サイエントロジー東京ビル8Fイベントホール(新宿区百人町1-25-1)
主 催 :         日本薬物対策協会
協 力 :       特定非営利活動法人イマジン
参加費用:            無料
定 員 :        80名先着(予約優先)

イベントお申込み・お問い合わせ先 (FAXまたはメールにてお願いします):
日本薬物対策協会 TEL: 03-5937-1236
FAX: 03-4496-4142   E-mail: info@drugfreeworld.jp

1
2


国連「世界保健デー」薬物乱用防止イベント開催報告
日本薬物対策協会は国連が毎年4月7日に定めた「世界保健デー」にちなみ、4月3日、青少年健全育成関係者や保護者、議員の方々などを対象に新宿にてイベントを開催しました。(主催:日本薬物対策協会、協力:特定非営利活動法人イマジン)

まず第一部では、同協会世話役の馬崎奈央により、活動の様子が映像を含めて伝えられ、講演聴講人数が8万人を突破したことが発表されました。次に同協会講師の樋田啓太により、協会の米国本部にて制作されたDVD「真実を知ってください:薬物」と小冊子が紹介されました。DVDの中からは、特に最近小学生や中学生の乱用事件があった「大麻」についてのドキュメンタリーの章が流され、参加者は興味深く視聴していました。

Toyoda explains about Truth About Drugs materials

続いての第二部では、協会オリジナルの台本を使用して、グループごとにロールプレイが実践されました。現代劇センター真夏座の羽藤雄次氏による演技指導もある中、危険ドラッグに誘われた中学生の立場になり、どのような言動をとるかグループごとにディスカッションしました。

group work session

attendees demonstrate a role-playing in front

さらに、恋人からMDMAと覚せい剤に誘われた10代の女性が主役の劇が同劇団員により演じられ、身につまされるラストに参加者は、改めて薬物がいかに人生を破壊するか実感している様子でした。

A performance group Manatsuza shows a play

最後に協会オリジナルの反薬物ソング「YES 生きる」が小川紗綾佳氏により弾き語りされ、会場一体となってスローガン「薬物にNO!生きることにYES!」を宣言し、大盛況の中イベントが終了しました。同時開催にて、薬物に関する情報パネルツアーも行われました。

sayaka.jpg

参加したあるNGO団体メンバーからは「薬物についてたくさん学ぶことができました。私も6月に薬物乱用防止イベントを開催し、薬物小冊子の配布も毎月行って力を入れていきたい」という感想があるなど、イベント後薬物撲滅に向けて意欲的になった参加者が多数いました。

今後とも、活動のご支援ご協力をどうぞ宜しくお願いいたします!

日本薬物対策協会
TEL: 03-5937-1236
FAX: 03-4496-4142
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-22-31-711
E-mail: info@drugfreeworld.jp
Web: www.drugfreeworld.jp
Blog: http://fdfw.blog.fc2.com

下北沢で「薬物にNO!」
世田谷のボランティアグループ、S-unitedさんと一緒に、若者の街、下北沢で薬物小冊子を配布しました!下北沢にはかつて危険ドラッグ店が堂々と営業してました。今は店舗はさすがにないですが、薬物に興味を持たせるような雑貨店があり、覚せい剤や大麻などもインターネットで身近になってきています。

そのような中、危険性・有害性を特に若者に訴えるため、小冊子300冊を若者の街・下北沢を行き交う人々に手渡ししました!受け取ってくれる方が多く、あっという間に小冊子がなくなりました。世田谷区議やNPO法人理事の方も一緒に「薬物にNO!」。近々新聞にも掲載される予定です。

S-United配布イベント@下北沢
国連世界保健デーにちなみ、4月3日薬物乱用防止イベント開催!
今年の3月、中学3年と高校3年の男子生徒を含む少年3人が大麻取締法違反でされ、昨年は小学6年生男児が大麻を吸引したことが世間に衝撃を与えました。さらに、日本薬物対策協会の最近の調査では、約7%の中学生が「危険ドラッグの売買情報をインターネットで見た」ということが明らかになりました。
TVや映画、インターネット上の情報にさらされた子供たちは、大人が思う以上に薬物に関して誤った情報を受け取り、誤ったイメージを持っています。
国連が定めた「世界保健デー」にちなみ、4月3日(日)、薬物の正しい理解を深め、子ども達に薬物に一生手を出させない効果的な教育・啓発の方法を、大人気講師の樋田啓太さん、そして現代劇センター真夏座の羽藤雄次さんをお迎えして、お伝えします。たくさんのご参加者をお待ちしております。

【日本薬物対策協会】4月3日薬物乱用防止イベントのご案内
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。