日本薬物対策協会
日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初の大阪での研修会開催します!
時下、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

包括規制後、現在も未だに蔓延している「脱法ハーブ」を含む「脱法ドラッグ」。
そして現在、薬物依存症の原因として、シンナーなどの有機溶剤を抜いて、2番目に大きいものが睡眠薬・抗不安薬などの処方薬とされています。これらは、簡単に入手可能であり、子ども達にとって非常に身近な状況があります。

さらに、芸能人の乱用でここ最近大きく報道されている覚せい剤。日本では年間およそ12,000人が覚せい剤使用所持で検挙されています。

一度手を染めると人生、家族、地域、社会にも破壊をもたらす薬物。教育現場や関係者の立場から「一回だけなら大丈夫」という考えを将来に渡ってストップするため、どのように教育・啓発できるでしょうか?

日本薬物対策協会は、2008年より首都圏を中心とし、大阪や静岡などでも学校や地域において、薬物乱用防止講演を提供し、これまで5万人以上の生徒や保護者、教育者などへ薬物の真実に関する情報をもたらしてきました。

当協会は東京にて毎年恒例で研修会を開催してきましたが、薬物蔓延の状況を受け、今年は初めて大阪で開催いたします。今回、昨年東京で提供して大好評だった実践マニュアルの発表とともに、効果的な薬物教育に向けて薬物乱用の現状や基礎知識を学んでいただく機会にしていただければと思います。また、薬物乱用防止の講師としてご活躍の元麻薬取締官の西山孟夫様をお迎えし、現在の薬物乱用状況についてお話しいただきます。

日頃子ども達の健全育成にご尽力されている教育関係者の方々にとって、子ども達が薬物のない健全な人生を送るための効果的な教育の一助としてお役立ていただければ幸いです。

今年も多くの教育関係者の方々のご参加を心よりお待ちしております。

日本薬物対策協会

--------------------------------------------------------------------------------

薬物乱用防止教育研修会

―「一回だけなら大丈夫」をストップするための実践マニュアル―
主催:日本薬物対策協会 後援:大阪府教育委員会


「脱法」ドラッグ、大麻、処方薬乱用、、、、
子ども達にとって身近な薬物問題。
どのように危険性を伝えますか?


主な内容 (予定)
青少年の薬物乱用問題について 元麻薬取締官 現薬物問題京阪奈研究会 西山孟夫氏
薬物乱用防止の実践パターンの提案
①基礎知識講演    協会大阪支部長 千地雅行
②教材活用法      協会講師 小倉謙
③ロールプレイあるいは劇の活用法 協会世話役 馬崎奈央

主な講師・スピーカー紹介(予定)
■西山孟夫氏
昭和42年より麻薬取締職員として日本各地にて勤務。米国司法省DEAアカデミー(国際高等科修了)、薬物犯罪捜査、情報収集技術を学ぶ。名古屋市におけるイラン人薬物密売事件特別捜査の功績により、平成12年度人事院総裁賞を受賞。平成17年3月退職。同年6月より薬物乱用問題京阪奈研究会を主宰。

■千地雅行
1957年生まれ、大阪府出身。1977年、大阪府に入庁。教職歴通算35年。その間、一貫して生活指導を担当。非行・暴走族・部外者対策、カウンセリングなどの経験を経て、現在主に、大阪府立の高校にて、薬物対策、教育相談、学校安全に関わる警備分野などを担当している。

■小倉謙
川崎市出身。2008年より日本薬物対策協会の講師として、首都圏の小中高を中心にこれまで2万人以上に薬物乱用防止講演を行う。現在、川崎にてスイミングプールを経営する傍ら、地元川崎の小中学校にてPTA会長を務めるなど、教育分野にも積極的に関わっている。

■馬崎奈央
千葉県出身。東京芸術大学音楽学部卒。英国リバプール大学院修士課程修了。その後、オーストラリア滞在を経て帰国。2010年より研修会やシンポジウムなどでスピーチや講演を始める。現在は、同協会の世話役として運営しながら、新聞やTV、ラジオなどのメディアを通して、薬物乱用防止活動を精力的に行っている。

日 時 :   平成26年8月6日(水)14:00- 17:00(予定)
場 所 : たかつガーデン ローズの間(近鉄大阪上本町駅から徒歩3分/地下鉄谷町九丁目駅から徒歩7分)
対 象 :    薬物乱用防止教育に携わる方やご関心のある方
内 容 :      効果的な薬物乱用防止教育実践のための研修
参加費 :        1名 1000円 (資料代として)
定 員 :          45名 (受付先着順)
  ※プログラム・研修内容は、予告なく変更になる場合がございます。

【お申込先】
日本薬物対策協会
TEL&FAX:03-5394-0284 E-mail:info@drugfreeworld.jp
Website: www.drugfreeworld.jp
【6月28日薬物乱用防止デー・イベントのお知らせ】
いつもご支援・ご協力いただき、ありがとうございます。

ここ数年社会問題化した「脱法ドラッグ」。政府や各行政機関による規制強化が繰り返されてきましたが、今も尚インターネットや実店舗にて、未成年でも簡単に入手できる状況は続いています。

「脱法ドラッグ」は米国や欧州などで日本に先駆けて拡がっており、既に国際的な問題となっています。加えて日本では違法である大麻については、米国の複数の州では嗜好品としての個人の所持や使用、売買が合法化するなど、子ども達が薬物に対して「合法な国もあるくらいだから危険でないのだろう」「一回だけなら大丈夫なのではないか」と甘い認識を持たせかねない国際的な状況があります。

薬物の真の危険性・有害性を理解するのに、法律の有無や規制状況のみに焦点を合わせると、薬物乱用問題の本質を見失うことになるでしょう。薬物は、個人の人生のみならず、家族や地域、社会全体を破壊します。薬物体験者の多くは「薬物の真実を知っていれば、手を染めなかった」と後悔の言葉を残しています。薬物乱用を食い止めるためには、教育・啓発が真の解決策となります。

日本薬物対策協会は、2008年より首都圏を中心の学校や地域にて薬物乱用防止講演を提供し、これまで5万人以上の生徒や保護者、教育者などへ薬物の真実に関する情報をもたらしてきました。この度、国連が定めた「国際薬物乱用・不正取引防止デー」にちなみ、教育関係者や保護者、地域の指導者の方々などを対象に、6月28日(土)に豊島区南大塚ホールにてイベントを開催する運びとなりました。

今回は、先日NHKのニュース番組内でも特集された俳優の内谷正文氏を招き、自らの薬物体験を一人芝居で語っていただきます。また、元麻薬取締官の浦上厚氏など、積極的に青少年健全育成に取り組んでいる方々に、薬物乱用防止問題とその解決について提言していただきます。そして最後に、都立高校の演劇部有志の皆さんに、薬物がどのように忍び寄ってくるか、そしてどのような結末をもたらすのかを描いた胸に迫る演劇を披露していただきます。

薬物蔓延の状況において、どのように効果的な教育を実施していくか、一人でも多くの教育関係者や保護者の皆様にご参加していただき、その一助としていただければ幸甚です。多くの関係者の方々のご参加を心よりお待ちしております。

-------------------------------------------------------------
日 時 :   平成26年6月28日(土) 15:00-17:30 (14:30開場)
場 所 :   南大塚ホール(JR大塚駅より徒歩5分) 豊島区南大塚2-36-1
対 象 :   教育者や保護者等、薬物乱用防止教育に携わる方や青少年問題にご関心のある方
共 催 :     日本薬物対策協会、一般社団法人東京豊島安全安心プロジェクト
後 援 :        読売新聞社、全国読売防犯協力会、教育新聞社
内 容 :         国連薬物乱用防止デーイベント
参加費用:           無料
定 員 :           200名 (受付先着順/当日受付可)

【プログラム】
第一部: 劇 「ADDICTION ~今日一日を生きる君~」 
           俳優 内谷正文
第二部: パネルディスカッション 
パネリスト: ・ 元麻薬取締官 浦上厚
        ・ アルプスシステムインテグレーション
          全国読売防犯協力会インターネット講師 菅野泰彦
        ・ 俳優  内谷正文
        ・ 前豊島区議会議員/一般社団法人 東京豊島安全安心プロジェクト 古坊知生
        ・ 日本薬物対策協会 講師 小倉謙
 コーディネーター   教育新聞 編集局次長 池田康文
第三部: 薬物乱用防止劇
             東京都立千早高等学校 演劇部有志
                         ※プログラムの内容は予定です。
------------------------------------------------------

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

【お問い合わせ先】
日本薬物対策協会
担当者名:馬崎(まざき)
TEL&FAX:03-5394-0284
Email:info@drugfreeworld.jp
Web: www.drugfreeworld.jp
ブログ:http://fdfw.blog.fc2.com/

縮小6月28日_薬物乱用防止デー・イベント【日本薬物対策協会】
6月22日(土)薬物乱用防止イベント開催!!
 昨今、蔓延が懸念されている「脱法ハーブ」を含む「脱法ドラッグ」。政府や各行政機関による異例の規制強化の一方で、店舗やインターネットにて未成年でも簡単に手に入る状況は今なお続いています。

 昨年一年間、東京都内で「脱法ハーブ」に手を染めた結果、体調不良を起こして209名が救急搬送されたとされています。中には、14歳の男子中学生も含まれていました。「脱法ハーブ」に安易に手を出す要因として、その危険性を充分に認知していないということが考えられます。また、薬物は、個人の人生のみならず、家族や地域、社会全体を破壊するという認識が浅いこともあるでしょう。薬物体験者の多くは、「薬物に手を出してこうなると分かっていれば、薬物の真実を知っていれば、手を染めなかった」と後悔の言葉を残しています。薬物乱用を食い止めるためには、教育が鍵となります。

 日本薬物対策協会は、2008年より首都圏を中心とした、大阪、静岡などの学校や地域にて、薬物乱用防止講演を提供し、これまで4万人以上の生徒や保護者、教育者などへ薬物の真実に関する情報をもたらしてきました。

 この度は、6月26日の国連が定めた「国際薬物乱用・不正取引防止デー」にちなみ、教育関係者や保護者、地域の指導者の方々などを対象に、6月22日(土)にイベントを開催する運びとなりました。特に青少年の薬物乱用防止のため、その解決策としての教育について、この問題に前線で取り組んでいる方々を招き、提言していきます。また、薬物乱用防止教育の実践例として、足立区子どもの安全安心プロジェクト(青少年課)の子ども達に向けた劇を発表いたします。今回は「脱法ハーブ」の危険性を子ども達に分かりやすく伝える劇も初披露させていただきます。

 薬物乱用のない地域、日本、そして国際社会を目指すために、このイベントにぜひご参加していただければ幸甚です。

 多くの関係者の方々のご参加を心よりお待ちしております。

                   記

日 時 :     平成25年6月22日(土) 15時~17時 (予定)
場 所 :     豊島区 南大塚ホール (JR山手線大塚駅南口 徒歩5分)
対 象 :   教育者や保護者等、薬物乱用防止教育に携わる方やご関心のある方
主 催 :        日本薬物対策協会 (薬物のない世界のための財団・日本支部)
後 援 :       読売新聞社、全国読売防犯協力会、教育新聞社
内 容 :         6.26国連 薬物乱用防止デー・イベント
 1.パネルディスカッション
   「薬物乱用をなくすには?青少年を取り巻く状況とその解決策としての教育(仮)」
    パネリスト    浦上厚氏 (元麻薬取締官)
             藤根元(日本薬物対策協会 顧問)
   千地雅行(大阪府立高校教員/日本薬物対策協会大阪支部長)
    コーディネーター   池田康文氏(教育新聞社 編集局次長)
 2.薬物乱用防止教育 実践例: 劇
   足立区子どもの安全安心プロジェクト
    ①脱法ハーブの巻 ②MDMA覚せい剤の巻
      他、薬物乱用防止テーマの音楽ライブ演奏もあります。
              ※プログラムの内容は予告なく変更になる場合があります。
参加費用:         無 料
定 員 :   200名 (受付先着順/当日受付可) ※定員になり次第締め切らせていただきます
(FAX、Eメール、もしくはご郵送にて、イベントのご参加をお申し込み下さい。)

【参加申込&問い合わせ先】
日本薬物対策協会
TEL&FAX:03-5394-0284 
E-mail:info@drugfreeworld.jp
住所:〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨1-17-5 パークホームズ308


6.22薬物乱用防止イベント_プロモ


4月21日(日)新宿・歌舞伎町にて薬物乱用防止キャンぺーン
日本薬物対策協会は、新宿・歌舞伎町にて薬物乱用防止キャンぺーンを開催します。
皆様ぜひご参加・ご支援をよろしくお願いします。

-------------------------------------------------------
概要: 「薬物のない世界のための財団」が発行する「真実を知ってください:薬物」小冊子と、「脱法ハーブ」に関するビラの街頭配布を行います。
目的:「脱法ハーブ」などの危険な薬物蔓延が広がる中、「薬物にNO!」という確固たるメッセージを
歌舞伎町より発信し、薬物乱用をなくすという同意を一人一人にもたらし、ひいては薬物のない社会を目指す。

実施内容:
日時:2013年4月21日(日)13:00-16:00頃
内容:「真実を知って下さい:薬物」小冊子シリーズと、「脱法ドラッグ」に関する注意喚起のリーフレットを配布する。
場所:新宿区歌舞伎町一丁目(新宿区役所前)
主催: 日本薬物対策協会
-------------------------------------------------------

 3月22日、吸引後の事件・事故が多発し社会問題視されている、いわゆる「脱法ドラッグ」に対して、薬事法上の包括規制が導入・施行となりました。この包括指定により、脱法ドラッグの商品が実質的に減り、店舗数も劇的に減少するのではないかと期待されていました。しかし、この包括規制をさらにすり抜ける脱法ドラッグが登場し、さらには、行政や各関連機関の監視から逃れやすくするため、移転や店舗名変更を繰り返したり、実店舗での販売からインターネットやデリバリーによる売買へと移項している兆しがあります。

 今月10日には、脱法ドラッグのインターネット上の販売サイトについて、「特定商取引法」に違反しているとして、消費者庁は表示の是正が一定期間確認できなかった37サイトの公表に踏み切りました。これにより、脱法ドラッグという、麻薬と変わらないあるいはそれ以上に危険な場合もある反社会的な物質を販売する業者を、社会監視の目にさらしました。

 脱法ドラッグを取り巻く環境が変動的な中、日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団・日本支部)は、この度、薬物の危険性を直接市民に訴えかけるため、脱法ハーブを含む脱法ドラッグについて危険性を訴えるリーフレットと、薬物の有害性について分かりやすくまとめた「真実を知って下さい:薬物」を配布するイベントを開催します。

 関係者の皆様には、ご支援・ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本薬物対策協会
世話役 馬崎奈央
TEL&FAX: 03-5394-0284
E-mail: info@drugfreeworld.jp
Website: www.drugfreeworld.jp

フランスから「薬物にNO!」
先週は、当団体のフランス担当者、ロベール・ガリベールさんが来日。
元々毒物学を専門とする生化学者であるロベールさんに、薬物が身体にどのように悪影響を与えるか、特別にセミナーを開いていただきました。

フランスは大麻吸引率が非常に高く、特に10代の大麻使用が懸念されています。そうした中、「薬物にNO!」イベントを毎週開催し続けたロベールさんの語りには非常に奮起されました!

そして、セミナーの休憩時間の間には、JR大塚駅前にて、30分間だけ薬物小冊子を配布。
なんと、その短い時間に、30人で500冊配りきるという、イベント史上最高記録を出しました!

11月18日配布イベント写真 縮小

人数=パワーですね!!

ご参加された皆様、お疲れ様でした!本当にありがとうございました。

さて、25日(日)は配布イベントチーム「薬物にNO!勇気の花」が、午後1時より、配布イベントを行います。

★イベント詳細★
日時:11月25日(日)
開催場所:新宿区役所前の交差点周辺(新宿駅徒歩5分ほど)
集合時間:12:30
開始時間:13:00
終了時間:16:00

ぜひお立ち寄り下さい☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。