日本薬物対策協会
日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山梨県 薬物乱用防止指導員対象の研修会

山梨県 薬物乱用防止指導員対象の研修会
劇台本の活用で分かりやすく


覚せい剤や大麻などに類似した幻覚・興奮作用を引き起こす「脱法ハーブ」を含む「脱法ドラッグ」の蔓延を受け、厚生労働省や自治体は指定薬物の規制強化など様々な対策を講じてきました。現在、指定薬物とされているのは1,360種、麻薬指定は166種ですが、昨年12月の薬事法改正により、これまで主に販売側への規制のみだった指定薬物に対して、使用・所持などに対しても罰則付きとなり、今年4月1日より施行となります。

こういった「指定薬物」の使用・所持等への罰則を科すことにより、中高生など若年層が安易に「脱法ドラッグ」に手を出すことへの強い抑止力になると期待できます。また、需要が減ることにより、それまであからさまに大手を振って利益を上げていた販売業者も、縮小方向に向かうことが予測されます。

とはいっても、2013年2月に当協会が発表した首都圏の中高生約6000人対象の調査では、脱法ハーブに関して「試したことがある」と答えたのは37人。また、「試してみたい」と答えた生徒も36人いました。さらに、代表的な違法薬物である覚せい剤の事犯について、ここ数年年間平均して1万2千人前後は検挙されている事実を鑑みると、「違法」と分かっていながら手を出す人々が後を絶たないといえるでしょう。そこで、規制強化のみならず、なぜそもそも薬物がダメなのか理解に至らせるための効果的な教育・啓発が必要不可欠です。

さて、先日2月26日、当協会は、山梨県中北保健所峡北支所管内薬物乱用防止指導員協議会主催の薬物乱用防止指導員研修会において、「効果的な薬物乱用防止教育に向けて」ということで、薬物乱用防止教育の基礎知識とその実践について、指導員と関係者約30人に対して講演を行いました!

講演は二つのパートに分かれ、第一部では、当協会講師の小倉より、薬物乱用防止教育を行うにあたっての注意点やヒントを織り交ぜながら、覚せい剤、大麻、MDMA、脱法ドラッグなど各種類についての説明と実話が話されました。

【「脱法ハーブ」について画像を見せながら説明】
小倉さん

続いて当協会とコラボレーションで講演を提供している現代劇センター真夏座の羽藤雄次氏より、協会オリジナルの劇台本を使用した、分かりやすい指導法が提示されました。参加者は、「脱法ハーブ」に中学校の先輩から誘われる場面が再現された劇台本の配役を決め、どのように断るかという実践を交えてグループで読み合わせました。

【「脱法ハーブ」劇を参加者が発表】
劇発表


参加者からは、「劇シリーズを中学生にやってもらい考えさせ、予備知識として知っていれば薬物乱用に個人としてつながらないと思う」という感想や、「今後のカウンセリング業務に生かしていきたい」という展望が見られました。また、「薬物乱用防止対策に関して、子ども達に考えさせるための工夫や様々なことに配意されていることに感銘を受けました」という感想もいただき、非常に有意義な研修会となりました。

東京都HPにて講演活動が紹介
東京都HPにて講演活動が紹介

1月に行なった江戸川区立北小岩小学校での講演の様子が、
東京都教育庁のHPにて紹介されました!

http://www.syougai.metro.tokyo.jp/sesaku/net/netkyou0501.htm


今回の講演の「あなたの将来の夢はなに?」という導入と、
「薬物はその夢を破壊するもの」という結論づけは、小学生に非常によく響いたようで、
学校の先生も大満足でした。

最後は、勢いよく「薬物にNO!生きることにYES!」と全員で宣言し、終了。

生き生きとした人生をみんなに送ってもらいたい、小学校に行くと
特にそう強く思ってしまいます。

最近は小学校からの講演依頼も増え、今年度は4年生にも初めて教える機会がありそうです。

安全・安心な社会作りは誰もが願っていることだと思いますが、
薬物はそれを阻むもの。

今後も一層教育・啓発に尽力していきます!!

講演のお問い合わせはFAXまたはEメールにて
日本薬物対策協会 担当:馬崎
FAX: 03-5394-0284
Email: info@drugfreeworld.jp

中野区の小学校で薬物講演
今回は、お申込2回目の中野区立の小学校にて講演を提供させていただきました。

講師は、薬剤師の関氏。

Mr. Seki is delivering a lecture to the 6th grade kids at Shinyama J.School on Jun8_1


独特のユーモアを交え、子ども達をしっかりとひきつけながら優しい口調で薬物の真実を伝えました。
この日は学校全体が公開授業だったため、多くの保護者の方々にも聞いていただきました。

そして昨日は、「他の保護者の方から良い講演だったと聞きました」と隣の小学校の熱心な保護者の方からご連絡をいただきました。
こういう口コミ的なつながりって大事ですね。
薬物乱用防止教育について重要性を理解してくださる保護者の方々が増えるのは本当に嬉しいです

今月10日には、愛知県内にて脱法ハーブ吸引後に車を運転し、女子高生をはねて死亡させた30代の男性に対し、懲役11年の判決が名古屋地裁より言い渡されました。脱法ハーブ吸引者に対して危険運転致死罪が適用された初めてのケースとなっています。

薬物蔓延を野放しにすることで、いつどこで巻き添えを食うか分かりません。「自分には関係ない」ことはないのが薬物です。

一人一人の意識が社会全体を変えていきます。
今後も「薬物にNO! 生きることにYES!」を合言葉にどうぞよろしくお願い致します。

全国読売防犯協力会の防犯セミナー
日本薬物対策協会は、犯罪のない安全・安心な街づくりを目指す、読売新聞さんの全国読売防犯協力会と協力関係を結び、学校講演を開催していくことになりました。
早速先日、その防犯セミナーが江戸川区立の中学校で行われました。

講師は、元薬剤師で、現在は大手健康食品会社の役員である関さん。いつも忙しい合間を縫いながら、ボランティアで講演の時間を作っています。

関さん講演1_読売防犯


元薬剤師の経験を生かしながら、時にはユーモアを交えながらの講演で、生徒さん達はとても良く聴いていました。

最後は、「真実を知ってください:薬物」DVDより公共サービス広告3本を上映。そして、「薬物にNO! 生きることにYES!」と宣誓して終わりました。


関さん講演2_読売防犯

講演の様子は、全国読売防犯協力会さんのHPにも紹介されています。
http://www.bouhan-nippon.jp/about/about04.htm#about63

ますます活動が拡がっていきそうです!
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

「脱法ドラッグ」危険性を伝えるビラ 無料プレゼント
 昨年、様々な健康被害や車の事故、死亡事故などを引き起こした「脱法ドラッグ」。その脱法ドラッグの一種、「脱法ハーブ」の主要成分となっているといわれる「合成カンナビノイド系」の包括指定が3月22日から始まっています。

 この包括指定により、まず、脱法ドラッグ/脱法ハーブ店のあからさまな売り込みがなくなり、派手な看板やビラ配布などが減ることから、人目につかなくなり、需要の減少が見込まれるでしょう。また、規制の対象が広がって監視の目が強くなることで、こういった店舗の経営が困難になり、店舗自体も減っていくことも考えられます。さらに、薬事法の規制対象の物質が増えることで、興味本位で手を染める使用者が減ることも期待されます。

 一方で、いくつかの課題も残されています。今回の包括指定については、薬事法の適用になるため、規制対象成分の主に販売・製造・輸入が禁止になるものの、使用・所持については罰則がないため、使用に対しての決定的な歯止めにはならないと思われます。また、規制対象の薬物も含め、脱法ドラッグの売買が、今後ヤミ化していき、実態がつかみにくくなり、中高生が犯罪に巻き込まれやすくなることも考えられます。さらには、こういった包括指定の対象外の脱法ドラッグが早くも登場していることが指摘されています。

 当協会が昨年秋に実施した中高生対象の意識調査では、脱法ハーブ使用・所持が個人の自由と考える割合が13.2%もあったことからも、脱法ハーブを含めた薬物の有害性を徹底的に繰り返し教育・啓発するのは必要不可欠です。

 そこで当協会より、学校/教育関係者、企業の人事・教育担当者などを対象に、当協会が作成した「脱法ハーブ」と「脱法ドラッグ」について危険性を訴えるビラのサンプルを差し上げます。

★脱法ドラッグ ビラ 表★
脱法ハーブビラ表 縮小

★裏★
脱法ハーブビラ裏縮小

※画質が悪くすみません。

こちらのビラは、「脱法ドラッグ」の写真を盛り込み、また、四コマ漫画や体験談も含めた若者に分かりやすい内容になっています。また、講演・研修会・イベントなど、使用目的が決まっている場合には、希望枚数をお知らせいただければ無料にてご送付いたします。

ただし先着順になります。また、ご希望多数であればご希望に添えないことがございますので、お早めにご連絡下さい!

【お申込みはEメールまたはFAXにて】
日本薬物対策協会
担当:馬崎
Email: info@drugfreeworld.jp
FAX: 03-5394-0284


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。