日本薬物対策協会
日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月20日(土)歌舞伎町にて薬物キャンぺーンを開催!!
12月20日(土)歌舞伎町にて薬物キャンぺーンを開催!!

昨日より、薬事法改正案が施行されました。
これにより、指定薬物のみならず、同じような精神毒性をもたらすと疑われる場合、全国一律に店舗販売や

インターネットでの広告の中止を命じることができます。

さらに、さいたま地検は、指定薬物ではない危険ドラッグの原料を「無承認医薬品」であるとして、全国で

初めて起訴した、と報道されています。

指定薬物でなくとも、心身に有害である物質を販売すれば罪の問える、というのは非常に大きな躍進です。

その施行の日、都内のある区内の店舗を少し調査してみました。
先月と相変わらず、3店舗営業している様子。

こういった販売業者・売人は、非常に神出鬼没なところがあり、日々刻々と様子が変わっています。ですが

、歌舞伎町が最も危険ドラッグ店が多いとの情報もあります。

そこで、日本薬物対策協会では、毎年恒例のクリスマス前の薬物小冊子配布キャンぺーンを開催します!

★クリスマス前 薬物小冊子配布イベント★
12月20日(土)13時~16時
場所は、歌舞伎町 新宿区役所前交差点付近 (靖国通り:新宿3丁目15番付近)になります。
※ジャケット・パーカーを貸し出します。
※途中参加、部分参加も大歓迎です!

昨年のイベントの様子です。(池袋です)

(5).jpg


最も危険ドラッグ販売店の多いといわれる歌舞伎町で、薬物の危険性を伝えるため、 薬物の真実を伝える小冊子を手渡していきます。一年ぶりの配布イベントです!
クリスマス前に、多くの人々に薬物の真実をプレゼントしましょう。
たくさんのご参加をお待ちしております!!

ご参加希望者は、info@drugfreeworld.jpまでご連絡、または当日現地にお越し下さい。
たくさんのご参加をお待ちしております!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。