日本薬物対策協会
日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初の大学での講演!劇でさらに効果的に
先日、日本薬物対策協会としては初めて大学で講演しました。
講演者は当協会講師、小倉謙と、何度もこれまで一緒にコラボをしている劇団「現代劇センター 真夏座」の皆さん。
国際基督教大学に今年入学したばかりの新入生全員に薬物の真実を伝えました。

第一部の薬物の基礎知識に関する講演。大麻、覚せい剤、MDMA、脱法ハーブのそれぞれのもたらす影響、そしてフラッシュバックという恐ろしい現象について、画像を用いながら伝えました。

縮小1


第二部の劇。「大麻編」「MDMA&覚せい剤編」「脱法ハーブ編」の3つの劇を上演しましたが、どれも今回のために大学生バージョンに変更。学生さん達にはリアルに響いたようで見入ってました。

「大麻編」
縮小2


「脱法ハーブ編」
3.jpg

4.jpg

最後は「薬物にNO!生きることにYES!」というメッセージをプレゼント。
5.jpg

アメリカでは大麻合法化の州があったり、有名人が大麻を擁護するような発言が絶えないなど、薬物に対して甘い認識をもたらすようなことが起こっています。しかし、薬物は一度手を出すと人生を破壊する罠が待ち受けています。人によってはその破壊が非常にゆっくりなため、「薬物をコントロールできる」と錯覚を起こしてしまう場合もあります。薬物をコントロールできるというのは全くの嘘です!

海外で学ぶ機会が多い優秀な若者が、今後も薬物の嘘に惑わされないように強く願っています!



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。