日本薬物対策協会
日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川口市内中学校にて乱用防止講演実施
2月上旬、薬物乱用防止講演を今回で4年目となる埼玉県川口市内の中学校で行いました。
講師は、おなじみの吉田隆史さん。

安行写真1

友人が薬物によって死亡した実話や、MDMAを一度だけ摂取した女性が約10年後にフラッシュバックで幻覚を見てしまった話など、迫力のある演技とともに語られました。生徒さん達は集中して講演を聞いてくれていました。

今回は全国読売防犯協力会様にもご協力いただき、子ども達に薬物の有害性・危険性を伝えることができました。

講演の様子は学校のHPでも紹介されています。
ぜひご覧になってください!

http://school.cmsbox.jp/angyo-j/blog/archives/6571

さて、脱法ハーブ店は都内にはまだまだ残っており、看板が意図的に外されていたり、店舗が移転したりしていて、調査・監視を逃れるような形態になってきています。

さらに、大麻が合法化されるような国や地域が国際的に広がってきており、「大麻くらい大丈夫」といった甘い認識が日本にも広がってしまう懸念があります。

「大麻はソフトドラッグ」「大麻はアルコールやタバコほど危険ではない」という青少年に、大麻を含む薬物の真実について、どんどん理解してもらう必要があります!

薬物乱用防止の啓発・教育活動に今後もさらに尽力してきます!



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。