日本薬物対策協会
日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薬局登録販売者の方々に薬物乱用防止講演
数日前、2012年度の脱法ドラッグによる依存症の患者が前年度の12倍に増えた、と衝撃的な情報が、大阪より発信されていました。
やはり昨今の脱法ドラッグ蔓延の傾向が、この数字にもばっちり表れている、と言えます。

【毎日新聞 ウェブサイトより】
http://mainichi.jp/select/news/20130907mog00m040016000c.html

ある薬物リハビリ施設の役員さんの話では、ここ最近は、大麻や覚せい剤などの違法薬物以外の薬物、つまり、脱法ドラッグ、市販薬、そして処方薬が直接原因の依存の方が増加傾向にある、とのことです。

実は、市販薬でも薬物依存の危険性は充分あります。
例えば、咳止め薬でも、エフェドリンやコデインといった国によっては麻薬扱いの成分も入っていることもあり、はまってしまった乱用者は社会復帰は大変困難で、ある意味覚せい剤よりも厄介とも言われているほど危険なものです。

今回はこのような中、全国の薬局勤務の登録販売者に向けて、市販薬を含めた薬物乱用防止講演を提供させていただく機会をいただきました。登録販売者とは、医薬品の一部を販売できる資格者のことで、今回は全日本医薬品登録販売者協会様からの依頼です。

講演の様子です。

DVD収録1縮小

DVD収録だったので、写真がこのような風景になっています。
裏をばらしてしまうと、原稿の後ろにカメラがあり、あたかもソラでスラスラ講演しているように見えますが、実はバッチリ原稿読んでます(笑)。すごくよく出来た機械でビックリでした。あのオバマ大統領も使用しているとかしていないとか。

DVD収録2縮小

数日以内には、全国の協会支部にDVDが送られ、数千人の登録販売者の方が、薬物乱用の実態について知っていただくことになります。

一人でも多くの方々に、薬物の真実を知っていただきたいと願っております!

今後もご支援ご協力を宜しくお願いします!


【日本薬物対策協会 お問い合わせ先】
TEL&FAX: 03-5394-0284
Email: info@drugfreeworld.jp
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。