日本薬物対策協会
日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教育の重要性を訴える:フジテレビとテレビ東京にて
 昨年、様々な健康被害や車の事故、死亡事故などを引き起こした「脱法ドラッグ」。その脱法ドラッグの一種、「脱法ハーブ」の主要成分となっているといわれる「合成カンナビノイド系」の包括指定が今月22日から始まっています。

 この包括指定により、まず、脱法ドラッグ/脱法ハーブ店のあからさまな売り込みがなくなり、派手な看板やビラ配布などが減ることから、人目につかなくなり、需要の減少が見込まれるでしょう。また、規制の対象が広がって監視の目が強くなることで、こういった店舗の経営が困難になり、店舗自体も減っていくことも考えられます。さらに、薬事法の規制対象の物質が増えることで、興味本位で手を染める使用者が減ることも期待されます。

 一方で、いくつかの課題も残されています。今回の包括指定については、薬事法の適用になるため、規制対象成分の主に販売・製造・輸入が禁止になり、使用・所持については罰則がないため、使用に対しての決定的な歯止めにはならないと思われます。また、規制対象の薬物も含め、脱法ドラッグの売買が、今後ヤミ化していき、実態がつかみにくくなり、中高生が犯罪に巻き込まれやすくなることも考えられます。さらには、こういった包括指定の対象外の脱法ドラッグが早くも登場していることが指摘されています。

 そのような中、日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団・日本支部)は、包括規制の始まった22日にフジテレビとテレビ東京のニュース番組にて、脱法ドラッグ蔓延に対して、教育の重要性を訴えました。世話役の馬崎がインタビューに答えています。

テレビ東京2



 下記URLで動画が見れます。
★フジテレビ FNNニュース★
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00242656.html
★テレビ東京 NEWSアンサー★
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/newsl/post_37831See More

 当協会が昨年秋に実施した中高生対象の意識調査では、脱法ハーブ使用・所持が個人の自由と考える割合が13.2%もあったことからも、脱法ハーブを含めた薬物の有害性を徹底的に繰り返し教育・啓発するのは必要不可欠です。

 今後も薬物の真実を伝える教育・啓発活動を応援してください。また、一人でも多くの方にご賛同いただき、ご参加いただきたいと願っております!

 今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。