日本薬物対策協会
日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
練馬区教育委員会主催学校警察連絡協議会にて脱法ハーブについて講演
ここ最近、関係者向けの講演が増えております。
今回は練馬区教育委員会主催 学校警察連絡協議会にて、脱法ハーブについて講演させていただきました。

皆様覚えていらっしゃるでしょうか?
練馬区は、昨年10月に30代男性が脱法ハーブ吸引後に、近隣の小学校に侵入、4年生の児童を追い掛け回し、女子児童1人に軽傷を負わせた事件がありました。男性は「錯乱してよく覚えていない」と供述したそうですが、、、

練馬区内には、まだこのような危険な「脱法ハーブ」を売っているお店が数軒存在しているようです。

参加された警察署の方々、中学校長、教員、保護司などの地域の有識者の方々に脱法ハーブの模型などを見せながら、その危険性についてお伝えしました。


練馬区教育委員会1 ブログ


最後の方に「真実を知ってください 薬物」DVDや小冊子の紹介もさせていただきました。薬物体験者が自らのストーリーを赤裸々に語っています。非常にショッキングな内容です。


練馬区教育委員会2 ブログ


参加者の方々からは、
「脱法ハーブの危険性を再認識することができた」「薬物乱用防止教室で今回の話を生かしていきたい」などというご感想をいただきました。

先日20日には、「合成カンナビノイド系」のドラッグが包括指定されました。(2月20日公布、3月22日より施行)。これにより、供給源が大幅に断たれることが期待されます。しかし、他の系統の脱法ドラッグも市場に出回っています。

「脱法ハーブ」「脱法ドラッグ」蔓延も、もちろんその使用者がいるから起こること。使用側を減らすため、薬物の正しい知識を日本全国に広めていきましょう!




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。