FC2ブログ
日本薬物対策協会
日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界的なリハビリ施設台湾代表をお迎えしてイベント開催!
WHO世界保健デー記念 
薬物乱用防止イベント


昨年2017年の違法薬物(覚せい剤、大麻、、MDMAなど)の押収量が、過去最高であったと報道されています。(横浜税関発表)海外のインターネットや闇サイトで違法薬物を注文して、国際郵便物として密輸する手法が増加しているといわれています。

 悩みを忘れたい、現実逃避したいなど個人が抱える様々な問題の解決策として薬物が使用されることが多いですが、薬物が問題を解決することはもちろん決してありません。日本薬物対策協会は、子ども達が今後の人生においても薬物に手を染めることのないよう、薬物の真の有害性を、学校や教育委員会、保健所などで提供してきましたが、その聴講数が10万人に達しました。

 このたび、WHO保健デーを記念して、薬物乱用防止イベントを開催する運びとなりました。今回は、薬物リハビリ施設、ナルコノンの台湾代表のタン・ヨウケン氏をお迎えし、薬物の真実について語っていただきます。ヨウケン氏は、自身も違法薬物を経験しながらも、ナルコノンのプログラムを終了し、台湾にナルコノンを創設し、現在も代表を務めています。そして2012年には、その実績と貢献を評価され、台湾の大統領から表彰もされています。そのようなヨウケン氏だからこそ語れる、薬物はなぜダメなのか、真に迫った薬物の真実を聞くことのできる貴重な機会となります。
また、昨年当協会講師としてデビューした、大学講師としても活躍する有滝功より、活動についてお話させていただきます。

日頃から青少年健全育成問題に取り組んでいらっしゃる関係者の皆様には、ぜひご参加いただければ幸いでございます。何卒宜しくお願い申し上げます。

ナルコノンとは・・・1966年に米国で設立されて以来、世界中に展開する薬物リハビリ施設。現在薬物リハビリの成功率が5~10%と言われる中、ナルコノンのプログラム修了者のおよそ8割はプログラム終了後2年以内に薬物を摂取することがないという驚異的な結果をもたらしている。

イベント概要
日 時 :平成30年4月14日(土) 午後1:00より
場 所 : サイエントロジー東京ビル8Fイベントホール(新宿区百人町1-25-1)
内 容 :WHO世界保健デー記念 薬物乱用防止イベント
司会:羽藤雄次
   1.講演「薬物乱用防止の講師としての活動について」有滝功
   2.基調講演「薬物はなぜダメなのか ~体験者、そしてリハビリ施設経営者だからこそ語れること~」譚熺賢(タン・ヨウケン)氏
3.パネルツアー ~協会講師による薬物乱用防止のための教育ツールの紹介ツアー~
主 催 :         日本薬物対策協会
協 力 :       特定非営利活動法人イマジン
参加費用:            無料

日本薬物対策協会は、米国に本部を置く非営利団体、薬物のない世界のための財団の日本支部であり、2008年より首都圏を中心とした学校や地域にて薬物乱用防止講演を提供し、これまで10万人の生徒や保護者、教育者などへ薬物の真実に関する情報をもたらしてきました。

イベントお申込み・お問い合わせ先 (FAXまたはメールにてお願いします):
日本薬物対策協会 
FAX: 03-4496-4142   
E-mail: info@drugfreeworld.jp

TEL: 03-5937-1236
縮小反薬物オープンハウスイベントご案内_20180414
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。