日本薬物対策協会
日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~新宿・歌舞伎町にて「薬物にNO!覚せい剤にNO!」~薬物情報小冊子を配布
薬物に関する事件などが連日報道されています。昨日、覚せい剤所持容疑で逮捕されていた元プロ野球選手が、覚せい剤使用で再逮捕されたことが報道されました。今月は他にも、神奈川県葉山町の議員が覚せい剤所持容疑で逮捕されたり、広島市では病院長が同じく覚せい剤所持容疑で逮捕されています。高い社会的地位にあり、多くの人が信頼するべき立場の人が立て続けに覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されていることは、世間に大きな衝撃を与えています。

このような中、日本薬物対策協会は2月20日、新宿・歌舞伎町にて、薬物乱用防止キャンペーンを開催し、薬物乱用防止を訴える活動に取り組む音楽ユニット「RODORODO」と共に、薬物の真実を伝えるべく薬物情報小冊子を配布しました。

このキャンペーンでは特に世間を騒がせている覚せい剤についての真実を一人でも多くの方に伝えるため、薬物の包括的な説明がされている「真実を知ってください:薬物」小冊子に加え、覚せい剤のみの情報を掲載している「真実を知ってください:覚せい剤」小冊子も配布しました。
配布イベント4

イベントでは、前半は通りを行き交う人々に小冊子を直接手渡し、薬物の真実について啓発しました。後半は、歌舞伎町にひしめく、若者がよく出入りするようなゲームセンター、コンビニエンスストア、バッティングセンター、ライブハウス、飲食店などに小冊子を設置し、合計およそ600冊を1時間半ほどで撒きました。

小冊子設置をお願いした店舗店員には、「自分が個人的に読みたいのでください」とボランティアスタッフに積極的に声をかけるなど、昨今の有名人などの薬物事件を背景に、薬物問題に対しての意識の高さが伺えました。

日本薬物対策協会はただいま春休み前の薬物乱用防止講演ツアーを開催中。1月から3月春休み前には、首都圏を中心に鹿児島県を含む17校の小中高校にて学校講演を提供しています。引き続き当協会の活動にご注目いただけますと幸いです。

配布イベント集合



日本薬物対策協会お問い合わせ先
TEL: 03-5937-1236
FAX: 03-4496-4142   
E-mail: info@drugfreeworld.jp
スポンサーサイト
当協会本郷支部主催にて教育セミナー開催!
2月7日、新しく設立された日本薬物対策協会 本郷支部主催により、東京・文京区にて薬物乱用防止教育セミナーが開催され、NGO団体職員やスポーツクラブ職員、青少年健全育成関係者などを含めたおよそ30人が参加しました。

IMG_4482 縮小

セミナーでは薬物が身体や精神に与える影響を、グラフ化された血中濃度などを示しながら、分かりやすく説明されました。会場には危険ドラッグの模造品なども展示され、参加者が興味深く手に取ったり見入ったりしていました。

小倉さん縮小



参加者したあるNGO団体の女性からは、「人はなぜ薬物をとるのかなど、非常に興味深く、良い知識を得ることができました」という感想をいただき、早速6月に講演会を企画すると伝えてくれました。また他にも「薬物撲滅のため日本がリーダーになり、青少年にさせないことが重要だと思います。私も可能な限り伝えていきたいです」「小中高の頃にしっかり教育することが大切だと感じました」などと、教育啓発の重要性を再認識した参加者が多数いました。

日本薬物対策協会は相次ぐ薬物事件を受け、2月20日(土)13時より新宿歌舞伎町にて、街頭キャンペーンを開催予定です。引き続き当協会の活動にご注目いただけますと幸いです。


覚せい剤にもNO! 2月20日 新宿歌舞伎町にて街頭キャンペーン開催決定!
今月初め、元プロ野球選手が覚せい剤所持の容疑で現行犯逮捕され、世間に大きな衝撃を与えています。薬物の魔の手は昨今低年齢に及んでおり、今年1月には女子中学生が覚せい剤取締法違反(所持・使用)の疑いで20代の会社員男性と共に逮捕されたことが報道されました。この女子中学生は、インターネットのSNSでのやり取りの中でこの男性と出会い、12月頃に家出、この男性と覚せい剤を使用した時期に数日間一緒にいたといわれています。

経済的な困難や家族の在り方の急変などから生きづらさを抱える子供たちが増える中、インターネット上の人間関係に心の拠り所を求める子供たちもいます。このような中、「嫌なことを忘れられる」「いい気持になれる」「スッキリする」などという薬物の甘い誘惑にだまされ、インターネットという手軽なツールによって簡単に薬物に手を出してしまう子供たちが増えることが懸念されます。

そのような中、この度、薬物の有害性を直接市民に訴えかけるため、2月20日(土)に新宿区歌舞伎町にて、薬物の有害性について分かりやすくまとめた小冊子を配布するイベントを開催します。

関係者の皆様にはぜひこのイベントのご参加のご検討を、何卒よろしくお願い申し上げます。

覚せい剤小冊子


---------------------------------------------------------------------------------------------

概要:「薬物のない世界のための財団」が発行する薬物の情報小冊子の街頭配布を行います。

目的:薬物乱用が広がる中「薬物にNO!生きることにYES!」という確固たるメッセージを歌舞伎町より発信し、薬物乱用をなくすという同意を一人一人にもたらし、薬物のない社会を目指す。

実施内容:
日時:2016年2月20日(土)13:00-16:00(予定)
内容:「真実を知ってください:薬物」小冊子と「真実を知ってください:覚せい剤」小冊子を配布する。
場所:新宿区歌舞伎町一丁目 (TOHOシネマズのある新宿東宝ビルの目の前)
主催:日本薬物対策協会
協力:RODORODO
配布イベント場所の地図 縮小



新事務所のお知らせ
★新事務所のお知らせ★

いつもご支援・ご協力いただき、ありがとうございます。

日本薬物対策協会は2016年2月2日より以下の事務所に移転しております。

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-22-31-711
TEL: 03-5937-1236 ※電話番号変更になりました
FAX: 03-4496-4142
E-mail: info@drugfreeworld.jp
Web: www.drugfreeworld.jp
Blog: http://fdfw.blog.fc2.com

薬物汚染が都内でも最も進んでいるといわれる、新宿を拠点にますます乱用防止活動に尽力してまいる所存でございます。
引き続き、ご支援・ご協力の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

日本薬物対策協会
世話役 馬崎奈央
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。