日本薬物対策協会
日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月7日 薬物乱用防止教育セミナーのご案内
薬物乱用防止教育セミナーのご案内
「危険ドラッグ・麻薬・覚せい剤」の魔の手から子ども達を守ろう


日本薬物対策協会は、2008年より首都圏を中心とした学校や地域において、これまで7万人以上の生徒や保護者、教育者などへ薬物乱用防止講演を通して薬物の真実に関してお伝えしております。

現在、危険ドラッグ・麻薬・覚せい剤は、様々な規制にもかかわらず、その蔓延が続いており、子ども達にとっても入手可能な状況があります。日本では年間およそ12,000人も覚せい剤使用所持で検挙されています。また当協会の最新の調査によると、中高生の42%が危険ドラッグは「入手可能」と答えています(2015年秋冬 当協会意識調査)。

一方、当協会の小学生対象のアンケート調査(東京都と埼玉県の小学生5、6年生461名を対象:2014年10月~2015年3月)では、危険ドラッグについて「使用するのは個人の問題で、判断は個人の自由だ」とする答えが7.2%もあり、薬物の有害性・危険性についての早期教育の重要性が改めて浮き彫りになっています。

一度手を染めると人生、家族、地域、社会にも破壊をもたらすものが薬物です。教育現場や関係者の立場から、一生薬物に手に染めないように、また、薬物から子ども達を守るため、どのように効果的に教育・啓発できるでしょうか?

日本薬物対策協会では、そのような教育・啓発の場として、下記の予定で教育セミナーを開催させていただきます。日頃子ども達の健全育成にご尽力されている方々にとって、子ども達が薬物のない健全な人生を送るための効果的な教育の一助としてお役立ていただければ幸いです。

日 時 : 平成28年2月7日(日) 午後1:00~午後3:00
場 所 : 文京区役所 区民施設 アカデミー茗台(東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅)
東京都文京区春日2‐9‐5
対 象 : 教育者や保護者等、薬物乱用防止教育や青少年問題にご関心のある方
講 師 : 小倉 謙(おぐらゆずる)
川崎市出身。2008年より日本薬物対策協会の講師として、首都圏の小中高を中心にこれまで2万人以上に薬物乱用防止講演を行う。現在川崎にてスイミングプールを経営する傍ら、地元川崎の小中学校にてPTA会長を務めるなど、教育分野にも積極的に関わっている。
参加費 : 1,000円     
定 員 :  40名 (受付先着順/当日受付可)
主 催 : 日本薬物対策協会 本郷支部
お申込み・お問い合わせ:日本薬物対策協会 本郷支部 担当:千脇(ちわき)厚子
  TEL: 090-9976-7240 FAX: 03-4570-0554
Eメール: hongo.drugfreeworld@gmail.com

2016-02_小倉謙_薬物対策協会講演会_03-s

スポンサーサイト
2015年 日本薬物対策協会活動報告
2015年 年間活動報告

明けましておめでとうございます。昨年一年間ご支援・ご協力をいただき、心より感謝申し上げます。
一年間の活動報告をまとめました。
------------------------------------------------------------

2015年は、危険ドラッグがらみの事件・事故が吹き荒れた2014年に引き続き、京都の小6男児の大麻吸引事件、大手企業の米国人役員の麻薬密輸事件、芸能人のコカイン所持による逮捕、熊本の覚せい剤投与による乳児死亡事件など、薬物事件が絶えず報道されていた一年でした。

日本薬物対策協会の約460人の小学生対象の調査によると、「薬物はけっこう身近である」と答えた小学生は、4.1%(19人)、「危険ドラッグの販売店を知っていたり見たことがある」と答えた小学生は3.0%(14人)いるなど、薬物が小学生に対しても身近になりつつ存在になっていることが浮彫りになりました。また、「危険ドラッグについて、使用するのはその人だけの問題で判断はその人の自由だ」と答えたのは7.2%(33人)おり、危険ドラッグ関連の多くの事故・事件が起こった中でも、周りへの悪影響や有害性を認識していない小学生がまだ多く存在していることが明るみになりました。

このような中、当協会は危険ドラッグの蔓延を通して非常に身近になってしまった薬物の真実を、まずは子ども達や教育者、保護者を中心に浸透させるべく、学校のみならず、市区や県の教育委員会主催の講演会、医務関係者に対する講演会などにおいて講演提供をしました。さらに、街頭キャンペーンによる市民への啓発に加え、国連薬物乱用防止デーにちなんだイベントの開催など、年間を通して精力的に活動に取り組みました。

薬物乱用防止講演   
~全59講演、聴講者1万3千人以上~


2015年の一年間で、全 59講演、13,000人以上に対して講演を実施。全国読売防犯協力会と提携した学校講演(11,300人の小中
高生対象)の他、以下の教育機関・団体主催にて講演を行った。
2008年からの講演聴講者数は合計263校、7万7千人を突破した。

・山梨県教育庁(教育委員会)
・石川県教育庁(教育委員会)
・群馬県教育庁(教育委員会)
・東京保護観察所
・東松山保健所
・麹町ロータリークラブ
・世田谷ライオンズクラブ
・山梨県韮崎市教育委員会
・日本医薬品卸勤務薬剤師会千葉県支部 他

IMG_3962.jpg


講演の感想: 
「私には何の関係もないと思っていましたが、この講演を
受けて、他人事ではすまされないことを知りました」(小6・女子)
「講師の方が情熱的に話してくれたおかげで、楽しく真剣に
聞くことができました。」(中二・女子)
「(薬物を)勧められても、仲の良い人でもきっぱりと断る勇気を
もっていきたい」(中三・男子)
「生徒にとってまた教職員にとっても非常に有意義な講演でした。
つい引き込まれ、あっという間の1時間でした」(中学校教員)
「大変わかりやすく聞かせていただきました。色々な体験から
命を大切にという信念が強く響いてくるお話でした」(保護司)

IMG_3746 - コピー


街頭キャンペーン  
~新宿・歌舞伎町での小冊子の街頭配布~

・配布した薬物情報小冊子数:655
今年は東京23区内で薬物事件の送致件数が7年間トップである
歌舞伎町(新宿区)に焦点を当て、小冊子配布イベントを開催。
9月と12月の2回開催し、「薬物の真実」小冊子を行き交う人々
に手渡したり近隣の店舗に設置したりして、薬物の真実を届けた。
薬物の依存に苦しんだ経験があるという50代の女性は、小冊子を
受け取り、「薬物は一度手を出すと本当に大変なことになる。自分
も苦しんだ。頑張ってください。」とボランティアに声をかけた。

イベント1縮小


国連・薬物乱用防止デー(6月26日)イベント
  ~歌とシンポジウム、マジックショーで訴える薬物の真実~


今年も国連・薬物乱用防止デー(6月26日)にちなみ、同月17日にイベントを開催。(主催:日本薬物対策協会、後援:読売新聞社、全国読売防犯協力会、教育新聞社、一般社団法人東京・豊島安全安心プロジェクト) 
2014年に起きた池袋の危険ドラッグ吸引者の車暴走による死傷者事件から約1年。薬物の真実を強く訴えるため豊島区内で開催し、100人を超える人が参加した。来賓の高野之夫豊島区長は上記事件にふれ、その後の対策により区内での販売店舖がなくなり、「危険ドラッグゼロ宣言」を行った旨が話された。

第一部では、協会オリジナルの反薬物ソング「YES 生きる」(作詞:高谷秀司、作曲:小川紗綾香、演奏:RODORODO)の「SAY NO TO DRUGS! SAY YES TO LIFE! 」というポジティブな歌声が会場に響きわたった。
①ライブ演奏

第二部のパネルディスカッションでは、教育や薬物問題での有識者がそれぞれの立場から議論を展開された。埼玉県の高校教諭からは「インターネットではドラッグでもほしいとなればキーを一つ押せば可能。それを押さないように教える」難しさが語られた。元麻薬取締官の浦上厚氏からは、危険ドラッグに続いて依存対象として問題となっている処方薬について、処方せんが偽造されて処方薬が大量に入手されて横流しされたり娯楽ドラッグとして使われたりする危険性が指摘された。
②パネルディスカッション


第三部では元警視庁警察官大塚隆弘氏による華麗なマジックショーが披露され、最後に「薬物にNO!生きることにYES!」というスローガンが会場と一体となって響き渡り、イベントが終了した。

マジック2 縮小



メディア ~テレビ、ラジオ、新聞、インターネット記事等での出演・掲載~

2015年の露出メディア:NHK、TBS、日テレ、フジテレビなど5つのテレビ局
読売新聞、日経新聞、毎日新聞など、延べ100を超える新聞記事

 当協会実施の小学生、また中高生対象の薬物意識調査結果が反響を呼び、100を超える新聞記事やテレビ番組での紹介や出演などに至った。これにより、およそ9,000万人が日本薬物対策協会の活動や調査報告、コメントなどを視聴・購読したことになった。

メディア掲載・報道の一例:
・NHK 「首都圏ニュース」6月放送  中高生対象の意識調査結果が紹介された。世話役の馬崎は、小学校高学年からの薬物乱用防止のための早期教育の必要性を訴えた。
・日テレ「スッキリ!!」11月放送 小学生対象の意識調査結果が紹介され、薬物が小学生にとっても身近に
なってきている現実が伝えられた。
・読売新聞    学校講演の様子が、読売新聞(埼玉県版、都民版)に取り上げられた。
Yomiuri Mayumi

Yomiuri Nao



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。