日本薬物対策協会
日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国連・薬物乱用防止デー(6/26)にちなみ、イベント開催
薬物乱用のない国際社会を目指して
6月22日(土)、国連・薬物乱用防止デー(6月26日)にちなみ、南大塚ホール(東京・豊島区)にてイベントを開催しました。

イベントでは、まずオープニングに、公共サービス広告「そんなの嘘だった」(Foundation for a Drug-Free World 薬物のない世界のための財団 制作)を一部上映。続いて、音楽バンド コスモスが、薬物反対のメッセージを込めたオリジナル・ソング「Say No to Drugs! Say Yes to Life!(薬物にNO! 生きることにYES!)」を演奏しました。

開会の挨拶では、当協会世話役の馬崎奈央より、教員対象の薬物教育に関する意識調査の一部が報告されました(約400人の教員対象:現段階では予備調査)。脱法ドラッグについて38%の教員が何らかの形で身近に感じている一方、研修や講習などの専門教育を受けたことがある教員は10.7%に過ぎず、さらにその有害性についてはっきり説明できない教員は30%にも上った、という実態調査を例に、子ども達対象だけでなく、教育関係者の薬物の知識や啓発の重要性が強調されました。

第一部では、薬物乱用防止の前線で活動している、元麻薬取締官の浦上厚氏、足立区子どもの安全安心プロジェクトリーダーの羽藤雄次氏、大阪府立高校の千地雅行氏、当協会顧問の藤根元によって、それぞれの立場から見た薬物乱用の現在の状況、そしてその対策としての教育について、教育新聞社編集局次長の池田康文氏のコーディネートのもと、意義深いディスカッションが行われました。

パネルディスカッション

第二部では、足立区子どもの安全安心プロジェクト(青少年課)より、現代劇センター真夏座の劇団員が、「大麻編」「MDMA・覚せい剤編」、そして初披露となる「脱法ハーブ編」を発表。どのように若者が薬物に誘われ、手を染めていくかという過程に焦点を当てた劇を観て、参加した保護者や教育者からは「非常に分かりやすかった」「ぜひ子ども達に見せたい」という多くの声が聞かれました。

劇の一コマ2

最後は、全出演者でフィナーレ。会場も一体となって、「薬物にNO! 生きることにYES!」と宣言し、終了しました。

薬物乱用防止イベント6.22フィナーレ

参加者からは、「どのっようなケースで誘われることになるのかがより具体的に分かりよかった」「薬物の怖さや危険性などをもっと広めていかなければならないと実感しました」という良いご感想やご意見をたくさんいただきました。

今後も薬物の真実をさらに広めるために邁進してまいりますので、ご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いします!!

スポンサーサイト
中野区の小学校で薬物講演
今回は、お申込2回目の中野区立の小学校にて講演を提供させていただきました。

講師は、薬剤師の関氏。

Mr. Seki is delivering a lecture to the 6th grade kids at Shinyama J.School on Jun8_1


独特のユーモアを交え、子ども達をしっかりとひきつけながら優しい口調で薬物の真実を伝えました。
この日は学校全体が公開授業だったため、多くの保護者の方々にも聞いていただきました。

そして昨日は、「他の保護者の方から良い講演だったと聞きました」と隣の小学校の熱心な保護者の方からご連絡をいただきました。
こういう口コミ的なつながりって大事ですね。
薬物乱用防止教育について重要性を理解してくださる保護者の方々が増えるのは本当に嬉しいです

今月10日には、愛知県内にて脱法ハーブ吸引後に車を運転し、女子高生をはねて死亡させた30代の男性に対し、懲役11年の判決が名古屋地裁より言い渡されました。脱法ハーブ吸引者に対して危険運転致死罪が適用された初めてのケースとなっています。

薬物蔓延を野放しにすることで、いつどこで巻き添えを食うか分かりません。「自分には関係ない」ことはないのが薬物です。

一人一人の意識が社会全体を変えていきます。
今後も「薬物にNO! 生きることにYES!」を合言葉にどうぞよろしくお願い致します。

6月22日(土)薬物乱用防止イベント開催!!
 昨今、蔓延が懸念されている「脱法ハーブ」を含む「脱法ドラッグ」。政府や各行政機関による異例の規制強化の一方で、店舗やインターネットにて未成年でも簡単に手に入る状況は今なお続いています。

 昨年一年間、東京都内で「脱法ハーブ」に手を染めた結果、体調不良を起こして209名が救急搬送されたとされています。中には、14歳の男子中学生も含まれていました。「脱法ハーブ」に安易に手を出す要因として、その危険性を充分に認知していないということが考えられます。また、薬物は、個人の人生のみならず、家族や地域、社会全体を破壊するという認識が浅いこともあるでしょう。薬物体験者の多くは、「薬物に手を出してこうなると分かっていれば、薬物の真実を知っていれば、手を染めなかった」と後悔の言葉を残しています。薬物乱用を食い止めるためには、教育が鍵となります。

 日本薬物対策協会は、2008年より首都圏を中心とした、大阪、静岡などの学校や地域にて、薬物乱用防止講演を提供し、これまで4万人以上の生徒や保護者、教育者などへ薬物の真実に関する情報をもたらしてきました。

 この度は、6月26日の国連が定めた「国際薬物乱用・不正取引防止デー」にちなみ、教育関係者や保護者、地域の指導者の方々などを対象に、6月22日(土)にイベントを開催する運びとなりました。特に青少年の薬物乱用防止のため、その解決策としての教育について、この問題に前線で取り組んでいる方々を招き、提言していきます。また、薬物乱用防止教育の実践例として、足立区子どもの安全安心プロジェクト(青少年課)の子ども達に向けた劇を発表いたします。今回は「脱法ハーブ」の危険性を子ども達に分かりやすく伝える劇も初披露させていただきます。

 薬物乱用のない地域、日本、そして国際社会を目指すために、このイベントにぜひご参加していただければ幸甚です。

 多くの関係者の方々のご参加を心よりお待ちしております。

                   記

日 時 :     平成25年6月22日(土) 15時~17時 (予定)
場 所 :     豊島区 南大塚ホール (JR山手線大塚駅南口 徒歩5分)
対 象 :   教育者や保護者等、薬物乱用防止教育に携わる方やご関心のある方
主 催 :        日本薬物対策協会 (薬物のない世界のための財団・日本支部)
後 援 :       読売新聞社、全国読売防犯協力会、教育新聞社
内 容 :         6.26国連 薬物乱用防止デー・イベント
 1.パネルディスカッション
   「薬物乱用をなくすには?青少年を取り巻く状況とその解決策としての教育(仮)」
    パネリスト    浦上厚氏 (元麻薬取締官)
             藤根元(日本薬物対策協会 顧問)
   千地雅行(大阪府立高校教員/日本薬物対策協会大阪支部長)
    コーディネーター   池田康文氏(教育新聞社 編集局次長)
 2.薬物乱用防止教育 実践例: 劇
   足立区子どもの安全安心プロジェクト
    ①脱法ハーブの巻 ②MDMA覚せい剤の巻
      他、薬物乱用防止テーマの音楽ライブ演奏もあります。
              ※プログラムの内容は予告なく変更になる場合があります。
参加費用:         無 料
定 員 :   200名 (受付先着順/当日受付可) ※定員になり次第締め切らせていただきます
(FAX、Eメール、もしくはご郵送にて、イベントのご参加をお申し込み下さい。)

【参加申込&問い合わせ先】
日本薬物対策協会
TEL&FAX:03-5394-0284 
E-mail:info@drugfreeworld.jp
住所:〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨1-17-5 パークホームズ308


6.22薬物乱用防止イベント_プロモ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。