日本薬物対策協会
日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスイブに「薬物にNO!」
クリスマスイブの日、毎年恒例?の小冊子配布イベントを行いました!

思い返せば、おととしの六本木を皮切りに、昨年ははるばる大阪にて日帰りでキャンペーンを展開。
今年は脱法ハーブが話題になった年ということで、キャンぺーンにふさわしい歌舞伎町にて、「薬物にNO!」の声を響き渡らせました。

クリスマスらしいかぶり物や着ぐるみを身につけ、クリスマスの雰囲気満載!

歌舞伎町配布イベント_20121224_写真

トナカイさんもいて、子供たちに人気でした(笑)

遠くからでも目立ったようで、信号待ちのバイクに乗った男性から「すみませーん!小冊子くださ~い!」とリクエストされました。興味を持って、薬物について知ろうとしてくださる方に出会うと本当に嬉しくなりますね。

途中で記念写真もパチリ☆

歌舞伎町配布イベント_20121224_集合写真


最後の方は本当に寒くて苦戦しましたが、600冊の小冊子を配りきりました。
皆さん、寒い中本当にお疲れ様でした♪

来年はどこにしよっかな~♪

スポンサーサイト
現役の中学校の先生が自ら薬物乱用防止授業を実施
今学期は、日本薬物対策協会の講演をベースに、横浜市立上白根中学校の現役の中学校の先生たちが、自ら薬物の授業を行いました!!
薬物に対して危機感が薄い生徒たちに対して、何か手を打とうとした先生たちが、協会の講演スタイルを気に入ってくださり、講演や研修会に何度も足を運び、台本を作成し実現した、努力の結晶の授業です。

まずは台本を作成した先生による講演。
生徒さんは覚せい剤の使用前・使用後の写真を見て、実話を真剣に聞いています。

縮小12月3日富満先生2


こちらは、また別の日に、なんと新任の先生による講演。
授業の前には、監督役の先生と夜遅くまで練習されたそうです。

縮小 12月13日小山先生


授業最後には、当協会提供の緑の「薬物」小冊子が子供たち一人一人に手渡され、元気よく「薬物にNO! 生きることにYES!」と宣誓。

縮小12月3日富満先生3


大成功の講演でした!
これほど薬物乱用防止教育に熱心な学校の先生方がいらっしゃると、こちらも大変な励みになりますね。
また、やはり日常接している先生ということで、生徒が自由に発言したり表現したりしていて、外部講師と違う雰囲気で、とても良いなと思いました。

生徒さん達からの感想です。
「薬物についてあんまりすっごく怖いものだと考えていませんでしたが、今回の授業で怖いし危険なものなんだと分かった。」
「断る勇気を持つこと、薬物に対して正しい知識を持っていることが大切だと思った。」
「覚せい剤などの薬物は、やめた後は何もないと思っていたけど、『フラッシュバック』というものがあり、1回使用するだけで、何年後にも影響することは初めて知りました。そして、1回だけでも使用してはいけないと強く思いました。薬物は必要ないと強く感じた!」

素晴らしい感想ですね。
先生方、大変お疲れ様でした

さて、厚労相の対策により、早ければ来年2月には「包括指定」が施行される「脱法ドラッグ」ですが、規制を免れるために売買が「ヤミ化」されるだけ、という指摘もあります。
「なぜ薬物が有害なのか」を本当に知らないと、安易に手を出してしまう人は後を絶たないでしょう。

教育啓発は、法規制と両輪となり、必要不可欠なものです。

今年の学校講演もまだ続いておりますが、最後まで走り抜けます!

POWER OF ART PROJECTに出演!
全国的に脱法ハーブがらみの事件・事故が相次ぐ中、先月28日、厚生労働省は、類似した成分構造のドラッグをまとめて規制する「包括指定」導入を正式に決定しました。早ければ来年2月にも施行となります。
 
このような異例の大規模な対策により、製造・販売に歯止めをかけ、流通量が大幅に減少することが期待できます!

とはいっても、脱法ハーブに危険性がまだまだ一般の人に知られていません。

ということで、先日は、POWER OF ART PROJECT(特定非営利活動法人 国際薬物対策センター主催)第7弾のライブイベント(東京・渋谷区 GAMEにて)で、主に脱法ハーブについての危険性を若者に訴えました。

 来場者には、受付で「真実を知って下さい 薬物」小冊子が手渡され、開演を待つ間興味深く読む姿も見られました。オープニングにはドキュメンタリーDVD「真実を知ってください 薬物」(薬物のない世界のための財団制作)の一部が上映。

渋谷ライブ1

 皆さん真剣に見てくれました。

 続いて、特定非営利活動法人 国際薬物対策センター 代表 夕田正則氏が登場し、今回のイベントの意義を説明。そして私からは、脱法ハーブについての現状と事件、危険性などについてのトークをさせていただきました。

渋谷ライブ2

「このライブ会場近くにも脱法ハーブが売られている。薬物を手に入れようと思えば簡単に手に入る時代ですが、薬物をやらない勇気、断る勇気、これを持つことで、一人一人に幸せな人生を歩んでほしい」と訴え、夕田氏からは、先述のドキュメンタリーDVDをぜひ見て、薬物についての衝撃的な事実を知ってほしいと伝えられました。

渋谷ライブ3

 参加した20代のある女性からは、「フリースクールなどでダンスを教えていますが、脱法ハーブについて知らなかったので聞けて本当に良かったです。ぜひ勉強会など今後参加したい」と話してもらえました。こういう輪が広がっていくのは本当に嬉しいですね。

 今は学校講演もピーク!なかなかブログでもアップできませんが、これからも応援よろしくお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。