日本薬物対策協会
日本薬物対策協会(薬物のない世界のための財団日本支部)の公式ブログ。 薬物乱用防止活動や関連ニュースなどをお伝えします!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
静岡支部の発足のお知らせ!
この度、静岡の子ども達にも薬物の正しい知識を浸透させていくべく、静岡支部を発足させる運びとなりました。
発足記念として、来年度の夏休み前に「出前授業無料キャンペーン」を実施し、薬物乱用防止講演を提供いたします。


平成29年夏休み前 学校出前授業無料キャンペーン

派遣期間 :          平成29年 4月~7月夏休み前まで
対 象 :      静岡県沼津市、三島市、長泉町、清水町内の小学校(高学年対象)
内 容 :    薬物乱用防止講演 「薬物の真実 ~薬物にNO!生きることにYES !」
費 用 :                 無料
派遣講師 :        日本薬物対策協会 静岡支部長 田内敦子
お申込み受付期間:   平成28年9月15日~11月15日までの受付
       ※ご希望日時が重なった場合には、先着順とさせていただきます。
またご希望に日時に添えない場合、お申込多数の場合はお断りさせていただくこともございますのでご了承下さい。
お申し込み方法: FAX 055-939-0807 またはEメールyakutaishizuoka@gmail.comにて受付いたします。
その他:   活動記録の一環として写真・ビデオ撮影をさせていただくこともあります。
❀その他詳細につきましては、お気軽にお問合せください。 



日本薬物対策協会 静岡支部長 田内敦子プロフィール
田内敦子さん_写真

静岡県沼津市出身。保育所・幼稚園の元園長。二児の母。
保育所・幼稚園にて幼児教育や養護の仕事におよそ40年携わる。
県保育所連盟会東部支部の中堅保育者研修の運営・指導や、県幼稚園園長会において新人職員の指導にも従事する。
退職後、様々なボランティア活動を開始し、2013年から薬物乱用防止ボランティアを開始。薬物を一回でもとったら人生が台無しになってしまうという危機感を、子供の教育に長年携わった立場からこその温かい口調で、小学校の子ども達に伝えている。

日本薬物対策協会 静岡支部
TEL&FAX:055-939-0807 E-mail:yakutaishizuoka@gmail.com
協会本部ブログ:http://fdfw.blog.fc2.com/ 

日本薬物対策協会について
当協会は、米国カリフォルニア州の公益法人「薬物のない世界のための財団 Foundation for a Drug-Free World」の日本支部です。薬物の乱用を防止すること、そしてそのために市民や団体、行政機関などに薬物の有害性に関する教育・啓発を行い、よりよい社会の構築に寄与することを目的としています。
 2007年より活動を開始。2008年より本格的に教育分野における活動を始め、主に首都圏の学校にて薬物乱用防止講演を提供、現在まで延べおよそ300校、8万5千人を超える生徒や保護者、教育者などに薬物の真実をもたらしています。
現在、登録している講師は11名。会社経営者、現役の教員、薬剤師など様々なバックグラウンドを抱えながらも、職業の傍らボランティアとして活動しております。以下、当協会講師による講演を聴いた子供たちからの感想(抜粋)です。

「今までの薬物乱用防止教室の中で、1番しょうげきを受けました。大人になっても絶対に使ってはいけないと改めて感じました。」 (小学6年生)
「私は今まで薬物のことは自分に関係のない話だと思っていましたが、この講演を聞いて、改めて薬物は危険だということを感じました。薬物をやる人を少しでも減らしていって、世の中から薬物をなくしたいです。」(小学6年生)

※講演についてのお問い合わせやお申込みは、下記をご記入の上、FAX または Eメールにてお願いします。


貴校名                            ご担当者氏名                           
ご希望日時 第一希望:平成29年   月    日    時    分~   時     分
        第二希望:平成29年   月    日    時    分~   時     分
※無料派遣期間は平成29年4月~7月夏休み前となります。
対象学年・人数      年生     名/     年生     名
ご連絡先 TEL:                       FAX:                       
住所:                           
Eメールアドレス:                     




スポンサーサイト
子ども達の心に届く講演を!
子ども達の心に届く講演を!
薬物教育 講師養成講座開催!


日本薬物対策協会は8月23日、薬物乱用防止教育のための講師養成講座第一回目を東京・新宿にて開催しました。(主催:日本薬物対策協会)

講師養成講座は、効果的に薬物乱用防止教育を実施できる人材育成を目的として、初めて当協会が企画・開催。心理カウンセラーや看護師など約20名が参加し、協会講師の小倉謙より薬物の基礎について2時間ほど話されました。

リリース用1縮小


講座の中では、薬物の定義が詳しく説明され、その後、薬物を定期的に摂取するとどのようになるのか、心理的な影響についてグラフが示され分かりやすく説明されました。さらに、学校講演の中で子ども達に伝えるポイントが明確に伝えられました。

リリース用2縮小

参加者からは「理論的で理解しやすかった」「分かりやすくてポイントのしぼられた説明が本当に勉強になりました」などという感想が述べられました。

今後、第二回目は9月23日に効果的なプレゼンテーションの方法についての講座を、第三回目の10月17日には具体的な実践を含めた講座を開催予定です。

日本薬物対策協会は、米国ロサンゼルスに本部を置く薬物のない世界のための財団の日本支部であり、2008年より首都圏を中心に学校や地域にて薬物乱用防止講演を提供し、これまで8万5千人以上の生徒や保護者、教育者などへ薬物の真実に関する情報をもたらしてきました。

皆様には、今後の当協会の活動についても引き続きご注目いただけますと幸いです。

お問合せ先:日本薬物対策協会 
TEL:03-5937-1236
FAX:03-4496-4142
E-mail:info@drugfreeworld.jp 
ブログ http://www.fdfw.blog.fc2.com

薬物は子ども達にこんなに身近! 社会福祉士や薬物教育専門家が警鐘
―薬物は子ども達にこんなに身近!
社会福祉士や薬物教育専門家が警鐘―
国連・薬物乱用防止デーにちなみイベント開催

日本薬物対策協会は国連が毎年6月26日に定めた「薬物乱用防止デー」にちなみ、青少年健全育成関係者や保護者、議員の方々などを対象に新宿にてイベントを開催しました。(主催:日本薬物対策協会、協力:特定非営利活動法人イマジン)

Nao.jpg
開催のご挨拶をする代表の馬崎

最初に日本薬物対策協会の講師より、インターネットの普及により薬物についての嘘を含め色々な情報が氾濫していることが伝えられ、同協会の米国本部「Foundation for a Drug-Free World」によって制作された教育用の公共サービス広告が上映されました。

Keita.jpg
活動について紹介する協会講師の樋田啓太。うちの大人気講師です。

続いての第二部では、音楽ユニットHADOWによってオリジナルの反薬物ソング「YES生きる」が演奏され、観客も一体となって合唱。

HADOW.jpg
協会オリジナルソング「YES生きる」を熱唱する音楽ユニットHADOW。作詞作曲ともにHADOWの高谷秀司氏、小川紗綾佳氏によるもの。素敵な曲です。

その後第三部のパネルディスカッションでは、特定非営利活動法人イマジンの理事であり青少年健全育成に取り組む寺前秀一氏や、大阪で35年間定時制高校で生活指導をしていた元教師、また薬物に手を染めた若者たちの社会復帰に携わっていた社会福祉士が登壇しました。元教師からは、特に昨今まん延している「危険ドラッグ」を含めて薬物がいかに現役の高校生にとって身近であったか、衝撃的な内容が語られ、参加者からは驚きの声が多数上がっていました。

panel discussion2
パネルディスカッションの様子。参加者は衝撃の内容に釘づけでした。

また最後は、薬物問題やその解決策についての情報パネルツアーが開催され、参加者は興味深くパネルや映像を見ていました。

Panel tour
パネルツアーの様子。映像やパネルが紹介されました。

参加者からは「現実に薬物乱用が加速してしまっているのを聞き、驚かされました」「日本の学校はまだまだ大丈夫だと思っていたのですが、現場の方の声を聞いてそうではないと分かりました」「学校等での啓発活動をもっと広げていくべきだと思いました」などという感想が述べられました。

【日本薬物対策協会について】
日本薬物対策協会は、米国ロサンゼルスに本部を置く薬物のない世界のための財団の日本支部であり、2008年より首都圏を中心に学校や地域にて薬物乱用防止講演を提供し、これまで8万人以上の生徒や保護者、教育者などへ薬物の真実に関する情報をもたらしてきました。皆様には、今後の当協会の活動についても引き続きご注目いただけますと幸いです。

講演や活動についてのお問合せ先:
日本薬物対策協会 
TEL:03-5937-1236
FAX:03-4496-4142
E-mail:info@drugfreeworld.jp 
ブログ http://www.fdfw.blog.fc2.com
※お問合せはなるべくFAXまたはEメールにてお願いします。

国連「世界保健デー」薬物乱用防止イベント開催報告
日本薬物対策協会は国連が毎年4月7日に定めた「世界保健デー」にちなみ、4月3日、青少年健全育成関係者や保護者、議員の方々などを対象に新宿にてイベントを開催しました。(主催:日本薬物対策協会、協力:特定非営利活動法人イマジン)

まず第一部では、同協会世話役の馬崎奈央により、活動の様子が映像を含めて伝えられ、講演聴講人数が8万人を突破したことが発表されました。次に同協会講師の樋田啓太により、協会の米国本部にて制作されたDVD「真実を知ってください:薬物」と小冊子が紹介されました。DVDの中からは、特に最近小学生や中学生の乱用事件があった「大麻」についてのドキュメンタリーの章が流され、参加者は興味深く視聴していました。

Toyoda explains about Truth About Drugs materials

続いての第二部では、協会オリジナルの台本を使用して、グループごとにロールプレイが実践されました。現代劇センター真夏座の羽藤雄次氏による演技指導もある中、危険ドラッグに誘われた中学生の立場になり、どのような言動をとるかグループごとにディスカッションしました。

group work session

attendees demonstrate a role-playing in front

さらに、恋人からMDMAと覚せい剤に誘われた10代の女性が主役の劇が同劇団員により演じられ、身につまされるラストに参加者は、改めて薬物がいかに人生を破壊するか実感している様子でした。

A performance group Manatsuza shows a play

最後に協会オリジナルの反薬物ソング「YES 生きる」が小川紗綾佳氏により弾き語りされ、会場一体となってスローガン「薬物にNO!生きることにYES!」を宣言し、大盛況の中イベントが終了しました。同時開催にて、薬物に関する情報パネルツアーも行われました。

sayaka.jpg

参加したあるNGO団体メンバーからは「薬物についてたくさん学ぶことができました。私も6月に薬物乱用防止イベントを開催し、薬物小冊子の配布も毎月行って力を入れていきたい」という感想があるなど、イベント後薬物撲滅に向けて意欲的になった参加者が多数いました。

今後とも、活動のご支援ご協力をどうぞ宜しくお願いいたします!

日本薬物対策協会
TEL: 03-5937-1236
FAX: 03-4496-4142
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-22-31-711
E-mail: info@drugfreeworld.jp
Web: www.drugfreeworld.jp
Blog: http://fdfw.blog.fc2.com

下北沢で「薬物にNO!」
世田谷のボランティアグループ、S-unitedさんと一緒に、若者の街、下北沢で薬物小冊子を配布しました!下北沢にはかつて危険ドラッグ店が堂々と営業してました。今は店舗はさすがにないですが、薬物に興味を持たせるような雑貨店があり、覚せい剤や大麻などもインターネットで身近になってきています。

そのような中、危険性・有害性を特に若者に訴えるため、小冊子300冊を若者の街・下北沢を行き交う人々に手渡ししました!受け取ってくれる方が多く、あっという間に小冊子がなくなりました。世田谷区議やNPO法人理事の方も一緒に「薬物にNO!」。近々新聞にも掲載される予定です。

S-United配布イベント@下北沢
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。